Bio


北 航平 1976年5月25日 京都市生まれ B型

好奇心が人一倍旺盛で、3歳の時に自ら懇願しピアノを始める。
そして母が営なむ絵画教室で絵を描いて過ごす日々を送る。

感受性は強いが気弱で敏感、そして強迫神経症気味の少年時代。
転校をきっかけに迎えた暗黒の学生時代は、今までより更に内へ深く潜り、物事を追求する体質に磨きをかける。

 
その後ドラムを始め、一日10時間に及ぶ練習の日々の結果、音楽学校を主席で卒業。
tickでのバンド活動を経て、関西を中心に様々なセッション、レコーディング、ツアーなどの仕事をはじめる。
主な共演は、A Hundred Birds Orchestra・塩次伸二(West Road Blues Band)・小林エミ・妹尾隆一郎・Flicker Tone・ハムニカフン・珍獣王国・BunITO など。
その頃、同時にBar&音楽スタジオの経営も経験する。

 
数年後に生活と活動の拠点を東京に移す。
同時に一度目の結婚。数ヶ月後、予測できない激震が次々と襲い、わずか一年で離婚。
ドラマー・パーカッショニストとしては、ルーツ系〜ブラックミュージック系、クラブ系、ブレイクビーツ系のグルーヴを得意とする。
主な共演は、Sly Mongoose・COSA NOSTRA・tick・ミトカツユキ・ロケットマン・ROUND TABLE・カルネイロ(Ex.Fonogenico)・Unlimited tone・植村花菜・中村舞子 など。

 
東京時代の後半からは音楽制作が中心となる。
その頃二度目の結婚。前回の経験から、とても寛容な性格になる。
音楽制作においては、ナチュラルでアンビエント系な癒しのメロディと、斬新でキレのあるエレクトロニカ系のリズムの対比が特徴。

 
2012年末に京都に戻り、音楽制作会社studio guzli【スタジオグズリ】を設立し、ワールドビジョンジャパン・プロアクティブ・フジ医療器・シュウウエムラスペシャルコンテンツなどを始め様々なCM音楽やドキュメンタリー番組の音楽、前衛系舞台の音楽やアプリ開発の音響効果、京都市と造形芸術大学の共催アートイベントのBGMなど幅広く手掛け、放送業界最高の栄誉と言われる第51回ギャラクシー賞CM部門選奨受賞作品の音楽も担当。

また、studio guzli【スタジオグズリ】では、「アーティスティックで斬新、おしゃれなロイヤリティーフリーの音楽素材(BGM・効果音など)」をダウンロード販売するオンラインショップ BGM・著作権フリー音楽ダウンロードサイト studio guzli【スタジオグズリ】も運営し、映像制作、キャラクターイラスト、ショッピングサイトのデザイン、プログラミングに至るまで全般に携わり、制作楽曲は700曲近くにのぼる。

 
2015年、世界デビュー盤となる1stアルバム『endless cycle of rebirth』、2016年、2ndアルバム『akashic records』が、多種多様なリズムと個性に特化した作品を多く手掛ける「LANTERN」レーベル(NatureBliss)よりリリース。
日本をはじめ、アメリカ、イギリス、ノルウェー、スペイン、ポルトガル、ドイツ、オランダ、イタリア、オーストラリア、アルゼンチン、チリ、アジア諸国など全世界10カ国以上で発売され各地で反響を呼ぶ。